×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

平成18年度 市内小、中、高校生選手強化事業
第3回指導者養成講習会

コーディネーションって何?ということから指導者としての資質や夢を講義していただきました。

親子でやると楽しいですよ。一人が木になって一人はコアラ。落ちないようにぐるりと一周します。大人同士だとなかなかうまくできませんでしたが、みんな笑顔でした。

受講生は小・中学生を指導する方が多く見受けられました。

バランスボールは至近距離でパスをしました。強くパスしてキャッチするというもの。意外と大きな声を出しながら楽しくできます。片手・両手など変化をつけて投げると体全体を使うので結構疲れます。

バランスボールやボールを使ったトレーニング、二人組みでのトレーニング、股関節のためのトレーニングなど2時間たっぷりご指導いただきました。みんな汗びっしょり。

ボールを一人1個用意。二人組でパスをします。色々な条件をつけて投げます。相手が捕りにくいところにボールを出すのがまた面白い!!

まずは鬼ごっこ!!昔ながらの遊びですがこれはまさしくコーディネーショントレーニング。条件を変えながら楽しくW−upです。

雑巾を使ったトレーニング。両手を前に出しては戻し左右に開いては戻す。足の下において前後左右に開くのもやりました。

「スポーツ現場で活かせるコーディネーショントレーニング」
講師:本正 園子氏 北上翔南高等学校陸上競技部監督 
日本コーディネーショントレーニング協会ブロンズライセンス

北上市から岩手国体で活躍する選手を育てよう!!