×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大阪インターハイ<IMG src=image/tool.gif>
戻る

てっぺん 目指せ翔南の夏!!06.7.30〜



近畿06総体


7月30日(日)
 北上発8:06発の新幹線で大阪へ・・・
3年生が見送りに来てくれました。ありがとう!!沙耶香のバックには沙帆からの
お守りが・・・いいですね。こういうこと
途中は、居眠りばかりしていました。
目が覚めたら京都でした。危ない、危ない。。。梅田OSホテルには、なんと高速インターネット
無料でした。LANケーブル完備ですので、頑張ってHPの更新をします。
梅田は、かなりの繁華街。夜は、新宿みたいなイメージです。東梅田の直ぐ傍です。


7月31日(月)場所取り・監督会議
6時にロビー集合。朝食もとらずに競技場に向けて出発です。
インターハイ恒例の場所取り、今年は抽選ということですが、まず並びました
210枚の抽選、番号は165番でした。
なんとか、カンとか、95番目に入場しましたが、もう場所はありませんでした。
どうにか、禁止区域に場所取りをして、(はずされるかもしれません)
7時前に並んで、場所を決めて10時30分でした。それから練習
長居のトラックは走りやすい。選手もいい感じで走っています。
その後、監督会議へ。。。1時間ほどで終了しました。
3時に買って来た茶巾寿司を食べて、シャワーを浴びて洗濯をして。。。
この日記を書いています。
明日は、午前中より練習。ホームレスが多くて、しっかり付かないと朝練習は、
女子だけでは、させられないような環境です。
今日で7月も終わりなんて・・・早すぎます。。。


8月1日(火)開会式です
開会式には参加しなくてもOK(今年はホッケーです)午前中から練習しました。
やはり大阪は暑いですね。日差しが違います。
練習は、順調です。自分の最高を目指してがんばります。
いよいよ、明日は奈津美の400mです。

8月2日(水)第1日目
千葉奈津美予選5位で通過できず。58”24 。前半行くという課題が克服できなかった。
W−UPでイメージを作っていたことができなかった。
指導者は、W−UPで良い方向へ変えるためのアドバイスを必死でする。
それを本気でやらなければ駄目である。
レースの流れについていくことができなかった。残念。
自己新を出して欲しいと思っていた。練習でのタイムも順調だった。
いつもやらないミスをした。いつもと違う自分。インターハイに飲み込まれた。
てっぺんの大嶋さんが予選通過を信じて応援に駆けつけてくれた。
大嶋さんに会うと元気をもらう。夢が自分の中でどんどん、膨らんでいく。。。
元気をありがとうございます。
奈津美は、もう一度、心身を鍛えて国体で花を咲かせて欲しい。
明日は、綾希子の400MHです。自分に挑戦して欲しい。

8月3日(木)
400MHに千葉綾希子が登場。とにかく自己新記録を出すこと。自分に挑戦することがテーマでした。
今までのベスト64”71を63”08に大幅に更新。大きな舞台での自己新記録は立派です。
いろいろな秘策がありましたが、ここでは秘密にしておきます。
とにかく、昨日の失敗を生かすことができたので、私は満足です。
だって自分に負けなかったから・・・
佐藤紘子も順調です。3本中3本とも40を越えています。
明日は、またまた全力で行きます。

8月4日(金)
円盤投げ、第2位でした。準優勝です。4回目に42m36を投げてから、最終投擲で逆転されるまでの日本一でした。  今までのベスト記録を約4m、そしてランキング23位からの2位です。  信じることが力になる、心からそう思います。  感謝の心が力になる。心からそう思います。 信じれば奇跡を起こせるのです。 ありがとうの、感謝の心で一杯です。 ここまでたどり着くために、沢山の先生方にご指導いただきました。ありがとうございます。 そして、一緒に頑張ってきた仲間に感謝です。 まだまだ、インターハイの戦いは続きます。 またまた、明日から3日は、金子で勝負です。

8月5日(土)
今日は走り幅跳び、予選通過はなりませんでした。
自己記録まであと、3センチでした。
身体はかなり動いています。
明日の100MHが自分の種目です。
絶対できると信じて走ります。
さて、準優勝から一夜明け沢山の方からメールや電話をいただきました。  ありがとうございます。 メダルを公開します。。。。。

8月6日(日)
100MHの沙耶香は、予選4着14"48 準決勝6着 14"35の岩手県高校新記録でしたが目標にしていた
決勝進出はなりませんでした。まだ、2年生。そして、高い身体的な素質を持っている選手です。
この悔しさが力になって今の自分を変えていけば、来年は必ず勝負できます。
今までの国体での3位入賞がプレッシャーになった部分もあったのかもしれません。
さあ、佐賀インターハイに向けてスタートです。より高い目標に向けて頑張っていきましょう。
力だけでは勝てない。力がなくては勝てない。インターハイは、やっぱり最高の大会です。

長居スタジアムから長居第二競技場をみて

8月7日(月)
大阪の夏が終わりました。
長居スタジアムのサブトラック長居第二競技場は25年前の中学1年生のとき全日中で
100m7位になった競技場です。懐かしかった。400mのW-upをしている時に記憶が甦ってきました。
初めての全国大会。初めて国体選手を出場させた場所での準優勝は、忘れられない思い出になりそうです。
ありがとう!!!大阪!!!大阪最高!! また、この場所から全国制覇を目指します。

戻る