×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

娘をトップアスリートにするために

           岩手県立北上翔南高校陸上部監督 本正 園子

感謝

いつも、ご理解ご協力をいただきありがとうございます。

一緒に、夢を追い、子供のファンになって応援しましょう!

○教育の3本柱

  学校教育 家庭教育 社会教育

  今、家庭教育の重要性が叫ばれている。

     少年犯罪にみる現状

            自由という名の放任

            コミュニケーション不足

     徳から得を考える若者の増加

     躾は、家庭から学校へお願いしたい。

だから、今 選手と親と指導者が3本柱にならなければ・・・

   

 

○学校の部活動の目的は、何か ?

     競技スポーツであれば・・・成果を上げること(勝つこと)→目標であって目的ではない

     縦社会を学ぶチャンス(先輩後輩の関係)指導者と選手の関係

     努力しなければ、成果は上がらないことを知る→企業では当然のこと

     スポーツを通しての人間形成を(忍耐力・礼儀作法・社会性をみにつける)

   情報化社会となり、沢山の誘惑がある

     世代を越えた多くの人との関わり

  

○キーワード 自立(自立を促す親に)

   ・できるだけ援助しない(かわいいから、何でもやってあげるのは、甘やかし)

   ・自分でどうすればベストかを考えさせることで成長がある(想像力・創造力)

 

                         H16.11.26 本正園子

・子供にすぐに、同調しない。 なぜ?何故?なぜ? 

 とまず大人の立場で考えてみる

・意味のないおだてや機嫌取りはしない。

・忘れないで下さい。生徒を強くしたい、いい成績を出したいと指導者も思っている。→今、から逃げたいときはたいてい他人のせいにするのが生徒です。

指導者の信念を理解して、協力する。

 

 

○親の役割(教師やコーチではない)

   ・メンター、栄養士となること

   ・親の努力を見せる。(親子でも、はっきり言った方が良い場合が多い)

     手作り弁当で、愛情と努力が伝わる

手をかけたものは、真心が伝わる。

きたない字でも、パソコンより伝わるのは、心がこもるから

     楽しいことばかりじゃないから、やめたいと思うのがあたりまえ。

    その時に、自分の決めたことだから頑張れといえるか・・・

     選手の自己管理が重要。

家庭でのチェックは、親ができること。励まし!!

  普通の親からの脱皮

     自分の子供がかわいいのは普通の親→もし、子供を伸ばしたいと思ったら

     他人との比較をしないこと→他との比較が嫉妬を生む

◎仲間を応援する。人を応援する、自分にも返ってくる

◎自分の子供に進歩があれば褒め、後退があれば諭す。

どんな、小さな事でも、褒められれば嬉しいし、悪いことはできれば隠したいと思っている。→親も気づき力を高めること

●気づき力

 会話をする。手紙を書く。散歩をする。練習をみる。

 共有する。

◎親は、自分の子供だけを知っている→教師は、その何100,何1000の同年代の子供を相手にしているプロである。その中で、多くの失敗と成功があり、いつも成功したいと努力していることをご理解下さい。

 

 

H16.11.26 本正園子                         

○感謝の心を持つ親に

     学校に対して ありがとう

     指導者に対して ありがとう

     同じ部員に対して ありがとう

     子供の、家庭での手伝いに対して ありがとう

○親も子供と同じ夢を持つ

     反骨精神の為に、いい加減な行動をしていたときは、無理だという

     しかし、頑張っているときは、親も一緒に夢をみる

 

 

この冬こそ、良い結果を夢みて、本気で頑張るとき。

強い、岩を造りたい。

 

 

終わりに

良い環境の中で、良いものが育つ。

種が、花になるまで指導する。

出会いを、大切にしましょう、出会いは運命だから

今日は、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

H16.11.26 本正園子