×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

全国で戦う選手になるために
岩手県立黒沢尻南高等学校
1いつも夢を持ち、夢に向かって行動できる人になろう
私は、「努力は必ず報われる、報われない努力は本当の努力ではない。」という言葉が好きです。大変に厳しい言葉ですがやはり夢をつかむためには、毎日の地道な努力が大切ではないかと思っています。
 
2心を鍛えよ
 心を鍛えていない選手は、全国の大舞台で勝負することはできないのではないかと思います。心を鍛えるためには、しっかりとした日常生活を送ることが大切です。高校生として、一人の人間としてマナーを守れる人(挨拶、礼儀、言葉遣い、服装)きちんとした生活をしていない選手は、自分に自信を持てず持っている力さえも発揮することができません。
 
3自己管理ができる選手になること
 練習日誌を丁寧に書くこと。栄養のことを考えて食事を摂ること。怪我をしない体作りをすること。(ストレッチやアイシングを行う)自分で考え自分をコントロールできる人になってください
 
4感謝の心を忘れないこと
 好きな競技ができるのは、家族の暖かい励ましや協力、マネージャー、仲間がいるからです。ありがとうの感謝の心をいつも持ちたいものです。
 
5ライバルに勝ちたいのなら
 人並み以上の努力をしなければ人並みにしかなれない。見えないところで自分がどれだけ頑張れるか自分に挑戦です。 
 
 
 
 
6素直な心を持って
素直な心を持って人の話(アドバイス)に耳を傾けることが大切だと思います。指導者のアドバイスをまずやってみること指導者は、選手のことを考え勝たせたいと思っているのですから。
 
最後に、岩手の選手は大変素質があり全国でも勝負できる選手が多いと思います。まず自分に負けないこと強い心をもって欲しいと思います。そこから全国への扉が開かれるのです。頑張って下さい。