×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


鈴木あかり選手快挙・同窓会誌 萩江より
 
                    陸上競技部顧問 本正 園子
 平成13年8月3日、インターハイ女子100M競走で鈴木あかり選手が優勝いたしました。この優勝は
岩手県女子トラック種目では初という快挙となりました。
 県立北上農業高校の陸上部顧問に高橋美紀子先生という本校の同窓生がいらっしゃいます。今から
20数年前、本校陸上競技部が岩手県高校総合体育大会で優勝を果たすなど黄金期の陸上競技部員でした。
その美紀子先生のお姉様も本校の陸上競技部員としてインターハイに出場、岩手県記録を次々に更新した
明美さんです。私は、お会いしたことはないのですが活躍は知っていました。その明美さんの娘さんがイン
ターハイに出場、鈴木選手の優勝の場面に居合わせていたようです。明美先生から、美紀子先生へのメール
のコピーをいただきました。ここで紹介させて頂きます。

メール
 連日35度を越す暑さの中、毎年行われるインターハイだけれども本当に暑さはうんざりでした。
<中略>
 そんな中、黒沢尻南高校の鈴木あかりさんが100mで優勝。NHKテレビで放映されたと思うけど
目の前で見た私は鳥肌が立った。
 北上インターハイの時、きっと裏方のサポートメンバーだっただろうと思いグッときました。
 選手は、すごい
 ああゆう場で聞く母校の名前は、ずっしりと重みのある例えようのない響きでした。ただ、嬉しい
涙が流れました。
 十名足らずの女の子達の、息のあった声援も気持ちよかった。
 いつか、黒沢尻南高校の生徒達と話す機会があったら伝えてください。「あなた達の、透き通った
声援は熊本の競技場でも一番すてき 、だったと。」

 あの、熊本の空に黒沢尻南高校陸上競技の部旗が掲揚され、最高の思い出ができました。  

黒沢尻南高校同窓会報 萩江 平成14年3月1日 発行